大きな虹

雨上がりの空に大きな虹を見つけました。

虹は7色と思っていましたが…。

世界で虹を7色と認識しているのは日本や韓国などごくわずかの国だそうです。

アフリカのアル部族は「赤」「橙」「黄」「黄緑」「緑」「青」「藍」「紫」の8色、アメリカやイギリスなどは6色、ドイツや中国などは5色、インドネシアなど東南アジアの多くの国は4色、台湾やジンバブエなどは3色、南アジアのバイガ族や一部の沖縄の人は2色と認識しているようです。

光の当たり具合や大気の状態により変わるようです。

不思議だなと思ったことでした。

虹の色が何色に見えるのかは、科学の問題ではなく、文化の問題です。

「何色に見えているのかではなく、何色に見ようとしているか」なのかも知れません。



63回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示