top of page

「三苫の1mm」

 ワールドカップサッカー 日本チームの頑張りは多くの人々に元気や勇気、希望を与えてくれました。ドイツ戦、コスタリカ戦、スペイン戦、そして決勝トーナメントのクロアチア戦。夜遅い時間や、朝早い時間に応援をして喜びや悔しさの両方を味わった方も多いと思います。

その中でもこの「三苫の1mm」は衝撃でした。VARの判定の時間は長く感じました。日本人選手のあきらめない気持ちがそのまま表れているように思います。後日談で、ゴールを決めた田中碧選手ですら、「出てた、出てた…」というリアクションをしていたくらいですから、ゴールが認められていろんな意味で良かったと思いました。

あきらめない気持ちは、どんなことにもつながります。受験生は特に大切な気持ちです。受験を前に不安に思うこともあるかも知れません。あきらめずにボールを追いかけ、歓喜のゴールを決めましょう!




閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

曾木の滝

Comments


bottom of page